水泳の練習での気づき(手のひら)

太陽が丘アクアスロンに向けて水泳練習に励んでいますが、お盆休みはスイミングスクールが休みだったので10日ぶりの水泳練習となりました。

8月に入ってクロールで水をかく力がだいぶついてきたように感じます。
水をかくには手のひらに水を当てて後ろに押していかなければなりませんが、この手のひらに水を当てるということが今までは出来ませんでした。
しかしひたすら練習を繰り返すことで最近は胸の上部(鎖骨の下あたり)の筋肉がついてきまして、ここの筋肉、筋力が水をかく力には必要だったみたいで水をかくときに指先を下に向けることが出来るようになり手のひらに水を当てられるようになってきました。
人によっては胸の筋肉、筋力が最初から備わっており、泳ぎ始めた時から水をかけることもあるんでしょうが、それがなかった自分としてはかなりの進歩でした。

進歩を感じるとやる気が出ますね。まだまだタイムは遅いですが。。。
他にも足りないところはいっぱいあるので、これからそれを一つずつクリアしていくのが楽しみです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告