京都マラソンとニアミス!?

今日は息子の水泳の大会が京都アクアリーナで行われたので朝から応援に行ってきました。隣の西京極陸上競技場では京都マラソンが行われており、スタート地点なので少しのぞいてみようと思っていたんですが会場に着いたのがスタート20分後ぐらいだったのでランナーさんは誰もいなくて応援の人が帰っていくところしか見れませんでした。少しは雰囲気を味わいたかったんですが残念でした。
京都マラソンはスタート地点とゴール地点が異なるのでスタートした後の会場はついさっきまでたくさんの人がいたのに宴の後という感じでなんか寂しいですね。

京都マラソン

既にスタートしてました

そして息子の水泳の大会は出場種目間に6時間ぐらい時間があったので車の中で村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」を読み返しました。
車のシートを倒して寝ながら読んでいると、ふと窓の外の青空が目に入ってなんか久しぶりに空を見上げた気分でした。普段上を向いて歩いてないんですかねぇ。

車窓からの青空

久しぶりにみた青空

そして久しぶりに読んだ村上春樹さんの本はランナーにとってはいつ読んでも共感できる内容であり、年齢を重ねるごとに色々考えさせてくれるやっぱり良い本でした。

好きな本

何回も読んでます

ブログランキング
ランキング参加中!応援クリックよろしくお願いします。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告